ホーム > ウクレレ関連 | ギター・ベース関連の小物 > コンタクト・ピエゾ・ピックアップ

コンタクト・ピエゾ・ピックアップ

アコースティック楽器用のピックアップにはいろいろあります。アンダーサドルタイプ、マグネットタイプが主流ですが、もっとお手軽な、コンタクトタイプというものもあります。
アンダーサドル・ピックアップだと取り付け工事が必要ですし、マグネットタイプタイプもエンドピンの位置にジャックを取り付けるのが基本です。それに対して、コンタクトタイプのピックアップはボディの表面に貼り付けるだけ。外側に貼り付けることが多いので、ジャックを楽器に取り付けることも基本的にありません。お値段も比較的安いので、できるだけ簡単なエレクトロニクスを考えている人にはオススメです。

本日は私物のウクレレを使ってコンタクトピックアップを貼り付けた様子をご覧に入れましょう。

Shadow SH712 定価¥8,610
Shadow SH711 定価¥5,985
ドイツのシャドウ製の定番のコンタクトピックアップ。二つのマイクをブレンドするタイプはより理想の音を作りやすい。一つだけのほうがSH711です。お値段も安い。

Schatten Design Dualie-Outside’R 定価¥9,450
カナダのシャッテンデザイン社のピックアップ。ちょっと大き目ですが、これはピエゾ素子が二つ入っているからです。かなりハウリングに強いです。外側に貼り付けるこのタイプはプラグまで付いています。

Schertler Basik-Set 定価¥17,850
スイスのシャートラー社の製品。パワーサプライのユニットが付属しているので、「アクティブ」のピックアップと言えます。ダイナミックに音を拾って表現力があります。低音も良く拾います。
貼り付けの為の粘着剤がどの製品にも付属するのですが、これにはそれのケース、全部を入れて持ち運ぶポーチも付いています。ピックアップを道具として持つ感じがいいですね。

今回はウクレレに取り付けましたが、もちろんギターやバイオリンなどにも使用することもできます。クラシックギターの本格的なものだと、穴をあけたりする加工は嫌われますが、これはすぐ取れてノーリスクなのでしばしば使われます。粘着剤はねりケシの様な素材で、ラッカー塗装の楽器にも傷つけることなくはがせるのでご安心を。

今回ご紹介した、シャドウ、シャッテン、シャートラー。なんか似たような名前ですね。この3「シャ」がオススメです。お手軽ピックアップなので、ぜひ試してみて欲しいです。

****************************************************************************
ご連絡先
お問合せフォーム
TEL 087-832-8016
「ブログを見た」と言ってご連絡ください。 担当:西原(さいばら)
*****************************************************************************

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > ウクレレ関連 | ギター・ベース関連の小物 > コンタクト・ピエゾ・ピックアップ

検索
カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最近の投稿

ページの上部に戻る