ホーム > エフェクター | ギター&ベース > デンゲンダイジ・・・

デンゲンダイジ・・・

どもも、畑中です。

 

みなさん、エフェクターの電源供給はどうしていますか?

電池?アダプター?

エフェクターの数が増えてくると、アダプターから分岐しただけではノイズが

のってしまう事があります。そこで登場するのがパワーサプライです。

IMG_6593

CAJ AC/DC Station IV 販売価格¥7.650(税抜)

One Control / Distro -Tiny Power Distributor- 販売価格¥18.700(税抜)

FREE THE TONE PT-3D 販売価格¥19.000(税抜)

FREE THE TONE PT-1D 販売価格¥23.000(税抜)

 

ワタクシが特にオススメな4機種をご紹介したいと思います。

 

CAJ AC/DC Station IVは定番中の定番です。

DC9Vを7台・450mAまで供給できます。シンプルで分かりやすいです。

低損失レギュレーター搭載。電圧変動や電圧低下による影響を

最小限まで抑えることでクリーンかつ安定した電源を供給できます。

 

One Control / Distro -Tiny Power Distributor-はなんたって

ちっこいのが良いですよね!DC9Vを8台・DC12~18V可変を1台

合計2000mAまで供給できます。18V駆動のエフェクターを使用

されている方はベンリです。

 

大本命のFREE THE TONE。

アナログエフェクターとデジタルエフェクターを併用した際に

同じパワーサプライから電源をとるとノイズが発生する事があります。

ハイゲイン時にディレイをかけるとディレイタイムの周期でボツボツと

ノイズがのったりします。デジタルエフェクターだけ別電源でとってあげると

解決するんですが、PT-3Dには通常のDC9V6台(各100mA)とは別に

完全に独立したアイソレーテッド出力端子DC9V2台(各500mA)を備えています。

何とノイズを気にする事なくアナログエフェクターとデジタルエフェクターを併用

することができるんですね。

 

PT-1Dにはアイソレーテッド出力端子は搭載されていませんが、グランド配線を

工夫し、ハムノイズの原因となる要素を減らしているようです。

DC9V2台(各300mA)・DC9V6台(各100mA)を供給できます。

更にAC100Vを4系統供給できます。ただしDC9V出力を使用する場合は

アダプターが必要なので実質、使用できるのは3系統です。

 

FREE THE TONEはスタンダード出力端子が9.6V出力なのも特徴です。

新品のバッテリーを使用した時に近い状態を再現するのが狙いです。

 

いかがでしたでしょうか?

使用するエフェクターの個数・種類などによって最適なパワーサプライは違ってきます。

電源はエレクトリック楽器の力の源です。

大規模なラックシステムを組んでいるのに、パワーディストリビューターだけは

激安有名メーカー!!なんてのを見ると悲しい気持ちになります。

畑中までご相談くださーい!!

****************************************************************************
◆FACEBOOK やってます!ぜひぜひ「いいね!」をお願いします!
販売総合ページ→https://www.facebook.com/opus.takamatsu
管・弦楽器ページ→https://www.facebook.com/opus.aeontakamatsu.cl

◆Twitter もやってます!!フォローアス!
https://twitter.com/opus_aeon_tk

ご連絡先
お問合せフォーム
TEL 087-832-8016
「ブログを見た」と言ってご連絡ください。 担当:畑中(はたなか)
*****************************************************************************

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > エフェクター | ギター&ベース > デンゲンダイジ・・・

検索
カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の投稿

ページの上部に戻る