楽器堂OPUS本店ブログ
楽器堂OPUS本店は、高知県高知市の楽器店です。                                  このブログでは最新入荷情報やセール情報などをお知らせしていきます。

楽器堂OPUS本店ブログ

ローランド 新体制披露懇親会に行ってきました!

12月 18th, 2014 . by admin

さて、先日東京で行われましたローランドの新体制披露懇親会

に行ってきました。

既報のとおり、上場を取りやめ新しい体制になった、日本の誇る

電子楽器メーカー、ローランド株式会社が、特約店に向けて

新しい経営陣と指針を発表しました。

新生ローランドの新たなキーワードは 「解き放つ」 だそうです。

これから、どんなことが(モノが)解き放たれていくのか・・・

目が離せません!

懇親会でも、今後の電子楽器の行く末(といってはオーバーですが・・・)

市場のあり方について、色々な意見交換ができました。

-

New Year Concert 2015 のご案内

12月 13th, 2014 . by admin

さて、気が付けば今年もあと半月になってます。

年をとるごとに一年が過ぎるのが早くなっているような・・・

・・・これは気のせいではなく、科学的に証明されているそうですね!

しかし、だからといって「納得。」というわけにも・・・

-

それはともかく、今日は来年の年明け第一回の店内コンサート

「New Year Concert 2015」のご案内です。

今回はピアニストに勝田佳代さんをお迎えします。

勝田さんは、前回までの店内コンサートでのピアニストのどちらかというとクラシック

色が強かったところとは少し趣向が変わっていて、

即興あり、インストあり、弾き語りあり、映像とのコラボレーションあり、と

枠にとらわれない幅広い活動をされています。

我々もどういう演奏を聞かせていただけるか楽しみです!

-

日時:1月22日㈭  18:30開場  19:00開演

会場:楽器堂オーパス本店1F 管弦ピアノフロア

チケット:2.000円(全席自由、ワンドリンク付き)

チケット好評発売中です!!

-

ピアノフェア始まりました!

12月 6th, 2014 . by admin

さて、四国でも急に冷えてきました。すっかり冬ですね。

オーパス本店ではピアノフェアが始まりました。

12/14までとなっております。

お買い得ピアノがたくさんのこの機会に是非、

お出かけ下さい。

-

スタインウェイジャパン 新選定室に行ってきました!

11月 27th, 2014 . by admin

さて、東京にありますスタインウェイジャパンの選定室が新しく

移転オープンしましたので、営業会議も兼ねたお披露目に行ってきました。

ちなみに選定室とは、お客様が、同モデル複数台の中から、気に入ったものを

選ぶためのお部屋のことです。

場所は羽田空港モノレールの天王洲アイル駅から徒歩5分ほどで

以前に比べ、とてもアクセスのよい場所になりました。

エントランスの様子です。鏡に浮かぶロゴマーク、

それを覆うように吊られたピアノ線のおかげで幻想的な雰囲気です。

床もピアノに使われる木材を、寄木細工のようにヘリンボーン状に

組み合わせたオリジナルのものです。

画像右側の絵のかかっている壁を押し開けると、選定室が現れるという

凝った演出です。

こちらの壁一面には、無数のプレートがはめ込まれています。

よく見るとそれら一枚一枚に、100を超えるスタインウェイ社の取得した

ピアノ製造におけるパテント(特許)が掘り込まれています。

いまだ外装・内装の音響など工事中で、全て仕上がるのは来年度以降に

なるとのことですが、まさに妥協のない上質な空間を目指しているから

こそ、時間もかかっているようです。

-

2014楽器フェアに行ってきました。

11月 22nd, 2014 . by admin

さて、東京はビッグサイトで行われました楽器フェアに行ってきました。

3年ぶりに横浜から会場を移しての開催となります。

前日の冷たい雨とはうって変わっての晴天。

-

hideの生誕50周年記念コーナーもあり・・・

-

最近目につくプラスチック製管楽器。まずはアルトサックス。

-

そして、F管付いちゃった!テナーバストロンボーン。

-

そして、ついにここまできたか、ユーフォニアムとテューバ!!

トロンボーンとテューバはロータリーが搭載されていますが、内部と内フタは金属で

動作はスムーズでしたよ!

こうなってくるといずれ「プラスチック吹奏楽団」なんてのも結成されるかも・・・

(あとホルンだけですかね。)

-

もちろん普通の金属(ブラス)でできた楽器も。

ヤマハアルトサックス82Zの限定モデル。その名も82ZRED。

ネックはピンクゴールドの彫刻つきで、Bisキイには真紅に輝く人工宝石

”レッドオパール”が目を引きます。そしてこの真っ赤なケース。お目立ち度抜群!

限定生産100本のこちら、当店にも入荷の予定です。ご予約承ります。

-

各ブース、時間の許す限り旧知の営業さんや社長さんにごあいさつしつつ・・・

白鍵だけのピアノ、「新白鍵」。目がチカチカします。ピントもぼやけます。

-

そして、アップライトピアノでグランピアノ並みのタッチを実現する

「グランフィール」

ちょっと写真では分かりにくいかも知れませんが、打鍵後ハンマーシャンクを

押し戻すスプリングと、ジャックが抜け過ぎないよう抑えるスプリングが

追加されています。ちょっとしたアイデアだと思いますが、

これにより、ピアニッシモの発音と連続打弦の性能は確かな違いを感じました。

この機能は大抵のピアノに後付けできるようですよ。

-

以上、初日のみの参加でしたが、平日にも関わらずかなりの人出があり、

賑わっている印象でした。

-

グローバル創立40周年記念パーティーに参加してきました。

11月 21st, 2014 . by admin

さて、当社も古くからお世話になっております管楽器輸入卸・メーカーの

グローバルさんの創立40周年記念パーティーが東京で行われ、参加してきました。

たくさんの業界関係者300名ほどが招待された実に盛大な会となりました。

豪華な顔ぶれによる鏡開きの後は、何と元巨人軍ピッチャー堀内恒夫氏による

乾杯の発声で幕を開け・・・

その後も豪華景品の当たる抽選会など、終始皆さん笑顔の絶えない

楽しい会となりました。

ご挨拶をされた創業者である福田会長が「ありがとう、ありがとう。」

と何度も繰り返していらっしゃったのが印象的でした。

-

創立40周年おめでとうございます!

今後とも宜しくお願いいたします。

-

2014 WINTER ピアノフェアのご案内②

11月 21st, 2014 . by admin

■ピアノフェア 2014 WINTER CM

⇒ YouTube.comで見る

さて、来月に迫ってきましたピアノフェアのTVCMを、恒例のこのブログだけの
先行公開!

少しずつですがリニューアルを重ね、少し動きのあるものになってきました。

アコースティックのピアノと電子ピアノの会場が別になりますので、

そこを目立たせるのに苦心しました。

-

2014 WINTER ピアノフェアのご案内

11月 10th, 2014 . by admin

さて今年もはや、この季節がやってまいりました。

そうです。恒例のピアノ&デジタルピアノ ビッグフェアです!

ただ、今年は例年と違い、12/6(土)~12/14(日)までの

ロングランセールで、会場も各店舗で行います。

アコースティックのアップライトピアノ・グランドピアノはオーパス本店にて。

デジタルピアノはオーパス イオンモール高知店にて。

それぞれ行いますので、お間違えないようお願いいたします。

-

ハッピーライフはエブリデイミュージック

11月 10th, 2014 . by admin

さて、今回は35年を記念して、創業当初のあれこれをご紹介。

まずはオープン前から「うわさがうわさを呼ぶ」状態にするため撒きに撒いた

オープニングセールのチラシ!

「この人誰!?」から始まって、ツッコミどころが満載のチラシですが。

確かにインパクトはすごいです。

「NOWな楽器メーカーのステッカー」といったところに時代を感じます。

LM専門をうたいながら、管楽器のリペアを受け付けるあたり、まさに

「クロスオーバーショップ」ですが、現在の形態に通じるところもあるな、

と思ったりしました。

-

つづきまして、こちらはオリジナルクロスと、お友達紹介カードです。

もうこのデザインのクロスはこれ一枚しか残ってません。貴重な一品です。

そして今はもちろん存在しない画期的なお友達紹介システム。

ゴキゲンなプレゼントとは一体なんだったのでしょうね?

いかがでしたか? 現在40代~50代の、当時のNOWなYOUNGには

懐かしいものもあったかもしれませんね。

-

実はつい先日まで創業の地八反町には、ほぼ当時のままの姿で、店舗跡が残って

いました。ところが、本当につい先日、取り壊され更地にされているところに、

丁度でくわしました。(家主さんが新築をされるようです)

さすがに一抹の寂しさと、色々な思い出がよみがえってきました。

狭い店でしたが店内はいつも熱気にあふれていました。お隣が今はなき

寿会館というパチンコ屋さんだったので、ずっとチンジャラ言ってますから

気兼ねなく試奏し放題でした。

ただ、当時まだ子どもだった私は、暇をもてあまし、よく近隣を徘徊したり、

連れ回してもらったりしたものでした。

よく行ったのは、今はなきリリハのパンとケーキ。本当によく食べました。

豚太郎(現・らーめん風ぐるまさん。今でもゆでたまごをどんぶりに盛って

あるのでしょうか?)

信号わたって万々飯店(もちろん旧店舗の時代です)

円行寺の踏み切りを渡ると、今はなきおもちゃのピノキオ、子どもにとっては

目移りしてしまう天国でした。

少し南に行くと今はなきレストランみま。洋食屋さんといった感じで、ステーキが

ごちそうだったのですが、スープのあの味も忘れられません。

こうして振り返ってみると食べ物屋さんが多いのですが(苦笑)、

万々商店街も様変わりし、残念なことに

今はもうなくなってしまったお店も少なくないようです。

-

変わらなければいけないことと、変わってはいけないことって何だろう?

そして続いていくことの、積み重なっていくことの重み・・・

色々なことを考えさせられました。

-

でも、ひとつ確信しているのは、このチラシのようなハチャメチャでもエネルギーや

パワーを感じる「何かありそうな」お店でありたいということです。

-

ありがとう、35周年。

11月 10th, 2014 . by admin

平素は格別のお引き立てに預かり、厚く御礼申し上げます。

-

さて、最初はほんの小さな一軒のギター屋さんから始まった当社も

11月10日をもちまして、創業丸35年を経過することができました。

-

こうして開店35周年を迎えることができましたのも、育てていただいた地元

高知のお得意様、及び、関係皆々様のおかげと深く感謝致しております。

-

この機会に、今一度、社是であります

いい音楽との出会いを大切にします

この言葉を胸に、新たなる36年目に向けて、一同なお一層の努力をしてまいります。

何卒今後とも、変わらぬご愛顧賜りますよう宜しくお願いいたします。

-

株式会社 楽器堂

代表取締役 下元直哉

« Previous Entries