楽器堂OPUS本店ブログ
楽器堂OPUS本店は、高知県高知市の楽器店です。                                  このブログでは最新入荷情報やセール情報などをお知らせしていきます。

楽器堂OPUS本店ブログ

スタインウェイ特約店会議に行ってきました

2月 9th, 2016 . by admin

さて、今年も東京で行われましたスタインウェイの特約店会議に行ってきました。

会場で展示されていた特別仕様のピアノをご紹介。

まずは75ヶものクリスタルををふんだんに使ったラリック ヘリコニア。

160209_143537

160209_180130

こちらO型2,300万円、B型2,500万円也。

 

そして最高級の化粧木材を使用するクラウンジュエルシリーズの

アップライト、メイプル。

160209_173333

こちら800万円也。

 

そして、グレナディージョと名付けられたざくろ系の木材仕上げ。

160209_200748

こちら1,800万円也。

ご予約承ります。


スタインウェイ ディーラー・パートナー会議に行ってきました。

2月 18th, 2015 . by admin

さて、東京で行われたスタインウェイ ジャパンのディーラー・

パートナー会議に参加してきました。

ディーラーとパートナーというのは、それぞれの地域で、

スタインウェイ社のピアノを扱う、いわゆる特約店のことで、

商品だけでなく、技術等のアフターまで含めたサービスを

提供する店舗のことです。現在全国に30数店あります。

因みに当社は、高知県におけるスタインウェイ・ボストン・エセックス、

高知県・香川県におけるボストン・エセックスピアノの正規ディーラー店です。

会場は今年開業100周年で何かと話題の東京駅のすぐそばでした。

会場には、スタインウェイピアノの特別限定モデル”ルイ”の姿も。

木目とチッペンデールの家具調の仕上げが美しいピアノです。

一部でご迷惑をおかけしておりました、ボストンピアノのアップライトの

鍵盤蓋のスローフォールが刷新!

今後このタイプにモデルチェンジしていきます。

そして何と!

今年も頂いてしまいました。

年間優れた成果を収めたディーラーに贈られる、

「スタインウェイ ライラアワード」「ボストン アワード」

小市場の部門において、またもW受賞です!!

これも一重にご愛顧いただきましたお客様のおかげと

感謝しております。

今後ともいただいた賞には恥じぬよう精進してまいります。

スタインウェイピアノ「アニバーサリーモデルプレゼント」のご案内

1月 19th, 2015 . by admin

さて、先日当社調律師 伊藤のPIANO BLOGでも触れられていましたが、

今年はスタインウェイS-155が製造開始80周年、O-180が115年にあたり、

それを記念して、両モデルをご購入いただいた方にプレゼントを

準備しております。

S型、O型はスタインウェイの中では、比較的新しいモデルですが、それでも

一口に115年と言いますが、日本では明治時代・・・

そこから、基本的には何も変わらない、変えていないというのが、

すごいですよね。

プレゼントはそれぞれミキモト・カランダッシュという、日本とスイスを

代表するメーカーの高級ロゴ入りボールペンです!

12月末までの予定ではありますが、なくなり次第終了となりますので、

お急ぎください!

スタインウェイ 中古ピアノが入荷しました!

6月 28th, 2014 . by admin

さて、オーパス本店1F 管弦ピアノフロアに、スタインウェイグランドピアノ L-179

の中古ピアノが入荷しましたのでご紹介します。

このピアノは1983年、ニューヨーク製のピアノになります。

塗装は黒色つや消しに全塗装されておりますが、アクションや弦には、

極端な消耗は見られず。これからますますよくなっていきそうです。

ルビンシュタイン・パデレフスキ・ホロヴィッツなどが愛したニューヨークスタインウェイ、

現在は生産されていないこのL型の、比較的年式の新しいピアノを、当社の

スタインウェイアカデミー取得技術者が、調整させていただきました。

                                                                                     

全音域に渡ってとても良く鳴るピアノです。明るい音色ですが、決して軽くはありません。

奥行き179cmではありますが、低音域も豊かな響きで、なめらかに音がつながり、

和音を弾いても分離して濁らない、弾いていて楽しくなるピアノです。

スタインウェイの状態の良い中古品をお探しの皆様、ぜひ一度ご来店の上、ご試弾下さい。

                                                                                  

                                                                                        

㈱楽器堂は高知県におけるスタインウェイピアノ ・ エセックスピアノの正規ディーラーです。

また高知県 ・ 香川県におけるボストンピアノの正規ディーラーです。

                                                                                          

スタインウェイピアノがやってきました!

6月 24th, 2014 . by admin

さて、梅雨も真っ只中、じめじめした鬱陶しい日が続きます。

ここオーパス本店1F 管弦ピアノフロアでも、除湿機がフル稼働中です。

北海道以外の日本にいては避けられない梅雨ですが、木材・フェルト・革など

自然素材がたくさん使われているピアノにとってはツライ時期でもあります。

どうしても湿気を含んでしまい、各部の動作が鈍くなる、音色もこもり気味になる、

また金属部分の錆びの恐れも生じます。

ぜひ、ご家庭におかれましても、除湿機・乾燥剤をご使用いただき、梅雨空を吹き飛ばす

ピアノライフをお送り下さい。

                                                                                        

そんな中、新しい展示ピアノとして、スタインウェイピアノ A-188がやってきました。

A型は奥行き188cmと、国産3型クラスと同じくらいのサイズのご家庭用ピアノ

と言っていいかと思いますが、独特のワイドリム構造によって、響板の面積を

広くとり、クラスを超えた響きを生み出します。

アクション・鍵盤も一つ上の機種、B型と同じで、

スタインウェイのアイデンティティでもある、高音側のサウンドベルが搭載されているのも

このモデルからなので、スタインウェイらしさをより体感していただけると思います。

ぜひ、ご試弾おまちしております。

                                                                                        

スタインウェイピアノ 納品に行ってきました

4月 26th, 2014 . by admin

さて、店頭で看板娘を務めていてくれたスタインウェイ O-180が、ついに

お嫁入りすることになりました。

 

旅立ちを見送ります。今までありがとう・・・

                                                                                      

行く先は、いつもお世話になっている市内の先生宅です。

今まであったグランドピアノと2台並べて、とても素敵なお部屋になりました。

不思議なご縁に導かれて、しかし元からそこにいるのが当たり前かのように

キレイに収まりました。

先生にも本当に喜んでいただきました。

これからはこちらで素晴らしい音を奏でてくれることでしょう!

                                                                                                                                

スタインウェイディーラー会議に参加しました

2月 20th, 2014 . by admin

さて、過日、東京新宿でおこなわれました2014年度スタインウェイディーラー会議に

参加してきました。

会場にはスタインウェイ社設立160周年記念モデルの”アラベスク”が2台鎮座。

黒色艶出しモデルとマッカサル艶出しモデルを両方見ることができました。

国内にはそれぞれ2台ずつの入荷で、価格はそれぞれ1900万円(税別)、2400万円(税別)

とのことです。

ただし、マッカサル仕上げのほうは先立って行われた内覧会で、内1台は売約済み

とのことです。

現物をみると、映像で見るよりもなお存在感があり、床から立ち昇ってきたようなねじれた足、

曲がりくねった突き上げ棒、シャープでありかつ優雅とも言える直線と曲線の織り成す

フォルムは本当にスペシャルな1台であることを感じさせます。

シルバー塗装されたフレームとメカニカルな大屋根のヒンジ。

限定品であることを意識させる高音側リム内側のシリアルナンバー入りメダリオン。

                                                                                                      

なお余談ですが、会議の最後に、昨年度優れた業績を収めたディーラーに贈られる

ライラアワード/ボストンアワード表彰の小市場部門において、弊社は

スタインウェイ ジャパン ライラ パートナーシップ賞」、ならびに

ボストン パートナーシップ賞」 をW受賞いたしました。両方を一度に受賞することは

そうないことで、これもひとえに弊社をご愛顧下さるお客様と、スタッフ一同の努力の

たまものと、鋳物とクリスタルのそれぞれのトロフィーの重みをずっしりと感じました。

今後もいただいた賞に恥じぬよう、精進してまいります!

 

㈱楽器堂は高知県におけるスタインウェイピアノ ・ エセックスピアノの正規ディーラーです。

また高知県 ・ 香川県におけるボストンピアノの正規ディーラーです。

                                                                                                   

スタインウェイ 限定モデルのご案内

11月 18th, 2013 . by admin

さて、でるぞでるぞといいながら、小出し小出しの情報戦略。

スタインウェイ&サンズ社創立160周年記念モデルその名も「アラベスク」(Arabesque)

の全貌がようやくお知らせできるできるようになりました。(もう11月なんですケド・・・)

著名な家具職人であり、アーティストでもあるダコタ・ジャクソン氏とのコラボレートピアノです。

なんといっても目を引くのは、シャープな外観と曲がりくねった大屋根突き上げ棒でしょう!

しかしよくよく見れば、リムの縁等もありえないぐらいの優雅な曲線が取り入れられ、

ベースはB-211だといわれなければ気が付かない斬新なデザインです。

世界で限定50台の生産だそうです。

本当の特別なスタインウェイをお求めのかたへ・・・
お問い合わせは スタインウェイピアノ 高知県正規特約店 ㈱楽器堂まで

⇒ YouTube.comで見る

                                                                          When I think of Arabesque…
「アラベスクはダンサーです。クラシック音楽であっても、現代音楽であっても、その音楽を奏でるピアノと同じくらい幅広い表現力で舞っているダンサーが夢に現れたのです。

一目惚れでした。連想したことを感じたままに表現し、それが形になりました。つまりアラベスクのデザインは、私の夢から生まれたのです」

ダコタ・ジャクソン

メーカーサイト → http://www.steinway.co.jp/pianos/steinway/limited-edition/arabesque/                                                                            

スタインウェイ サロンコンサート終了しました。

10月 18th, 2013 . by admin

季節もだんだん秋めいてきました。

そんな秋の夜長をピアノの演奏とワインで楽しんでいただこうというこの企画、

「ピアノとワインと十三夜」、無事終了しました。

店内でのコンサートは初めてでしたが、展示のピアノを寄せて、お客さまのスペースと

ワインのコーナーをつくります。

いよいよPianoBar OPUS のオープンです!

当日ピアニストの杉本成美さんが、月にちなんだ選曲をしてくださったり、

関連した詩の朗読があったりと、本当に盛り上げてくださいました。

スタインウェイピアノ(O型)とボストンピアノ(GP-215 PE)を曲によって弾きわけてくださった

のも、違いが分かり興味深かったです。どちらにもそれぞれの良さがありますね!

西岡寅太郎商店の岡本さんにも大変お世話になりました。

美味しいワインをありがとうございます!

そして何より、ウィークデイのお忙しい中にも関わらず、足を運んでいただいた

たくさんのお客様、本当にありがとうございました。

また是非次回の企画にもご参加いただければ幸いです。

ピアニスト杉本成美さんのコンサート、11月10日にもライラホールにおいて

行われます。ぜひ足をお運び下さい。

                                                                          

新居 由佳梨ピアノコンサート終了しました。

9月 15th, 2013 . by admin

スタインウェイアーティスト、新居由佳梨さんのコンサート、無事終了しました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

今回も素晴らしいコンサートでしたね!

1部は風・水・光りなど形のないものをピアノで表現した名曲たち、

2部はさまざまな舞曲というテーマで、ご自身で曲解説も交えながら聴かせてくださいました。

特にご自身も大好きだとおっしゃってましたラヴェルの曲は圧巻でした・・・

「ラ・ヴァルス」すごいの一言です。

                                                                                     

それにつけても今回も思い知らされたのは、ピアニストが最高のテクニックと

最高のアナリーゼで、最高の音楽を表現しようとしたときに、やはりどうしても必要なのが、

意のままに操れ、そして表現しようとすることに応える事ができるピアノですね。

今回もその音色の豊かさ・色彩の多彩さに本当に驚かされました。

(ライラホールと、備え付けのスタインウェイB型を知り尽くし、本当にピアノに真摯に向きあう

新居さんだからこそということもあると思いますが・・・)

世界中のピアニストに選ばれるスタインウェイ、理由はそこにあります。

それを再認識させられたそんなコンサートでした。

                                                                                      

新居さんが6月、ソニー・ミュージックダイレクトよりリリースしたばかりの

「透明な風~ラヴェル名曲集」ぜひ、チェックしてみてくださいね!

                                                                                   

« Previous Entries