楽器堂OPUS本店ブログ
楽器堂OPUS本店は、高知県高知市の楽器店です。                                  このブログでは最新入荷情報やセール情報などをお知らせしていきます。

楽器堂OPUS本店ブログ

ピアノ&デジタルピアノビッグフェアのご案内

3月 30th, 2013 . by admin

■ピアノフェア 2013 SPRING CM

⇒ YouTube.comで見る

もうこの季節、皆様にもすっかりおなじみになりましたピアノフェアのTVCMを、
このブログだけの先行公開!
                                                                                                                             
魂の15秒の中にこれでもかと詰め込まれたナレーション!
いつもナレーターの方泣かせです・・・
                                                                                                             
今回は会場が、電子ピアノ・アップライトピアノに関してはイオンモール高知1F 
南コートとなりますのでお間違いのないように。
またグランドピアノに関しては、オーパス本店1F 管弦ピアノフロアにて、
「グランドピアノフェア」を同時開催いたしますのでそちらでの展示となります。

4月20日(土)・21日(日)は楽器堂 総力を挙げたピアノフェア! 
皆様、是非おそろいでお出かけください!!
                                                                                                                              

ハイブリッドあれこれ②

3月 25th, 2013 . by admin

さて、今日はハイブリッドあれこれの続編を・・・

同じ”ハイブリッドピアノ”という名前でもヤマハが考えるハイブリッドとなると、

こうなるというのがこちら → http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/hybridpianos/

いわゆる消音機能付きアコースティックピアノには”サイレントピアノ”という商標が

あるので、ハイブリッドピアノは「アコースティックピアノのアクションを搭載した電子ピアノ」

という位置づけです。

当然のことながら、ピアノメーカーが作る、というか持っているアクション。鍵盤を押鍵した

タッチ感は、アコースティックのピアノと比べ、まったく違和感がありません。

オーパスイオンモール高知店では、このうち、NU1、N1を展示し、皆様のお越しをお待ち

しております。

写真左側のNU1は、ディスプレイ用に上前がアクリルになっていて、中のアクションが

丸見えです!!

NU1にはアップライトのアクション、N1にはグランドのアクションが搭載されています。

違いを弾き比べてください。

さらに!イオン高松店にはアヴァングランドN3が展示されております。これはまたちょっと

異次元の電子ピアノです。

お値段もケタ違いですが最高の電子ピアノをお求めの方には、他の選択肢はありません。

                                                                               

ところで、乾燥期に大事なピアノを乾燥から守ってくれる我がオーパス本店1F 

管弦ピアノフロアの加湿器もハイブリッドです。

あまり詳しくありませんが、温風気化と気化式のハイブリッドで、熱くならない、

急速に加湿できる、水浸しにならない等双方のいいとこどりだそうです。

つまるところ 「ハイブリッドとはいいとこどりと見つけたり」  字余り・・・                                                                                     

DAINICHI HD-RX912  ええ仕事しまっせ。 

                                                                                  

轟千尋先生 公開講座

3月 15th, 2013 . by admin

さて、今日は3月14日に楽器堂 オーパス本店1F管弦ピアノフロアにて行われました

轟千尋先生の公開講座の様子を少し。

初めて店内で行われた講座で、どうなることかと心配もしましたが、

多数の先生方にお越しいただき、盛況のうちに終えることが出来ました。

誠にありがとうございました。

前回に引き続き轟先生は、ご自身のご指導の実例も交えながら、気付き・ヒントが

盛りだくさんの講座を展開してくださいました。

実際にピアノで演奏していただきながらの講座でしたので、ちょっとした工夫で

曲ががらりと変わる”きらきらポイント”を何度も目の当たりにすることができました!

当日の講座の内容が、聴講いただきました先生方の日々のご指導の

一助となりましたら幸いです。

                                                                          

春の訪れ

3月 8th, 2013 . by admin

さて弥生3月、楽譜売り場に春の訪れをつげる、ピティナ ピアノコンペティション

課題曲コーナーが開設されました。今年も、各級課題曲・CD・アナリーゼを

揃え、皆様のお越しをお待ちしております。

アナリーゼといえば、今年のピティナ ピアノコンペティションのA2級・A1級の

課題曲にもなっている「きらきらピアノ」シリーズの著者、轟千尋先生の講座が

3月14日に迫っております。

作曲者の先生から直接お話が聞けるチャンス!

※以下先生のHPからの転載です。

                                                                                     

■「楽譜」とは作曲家にとっての最大の「表現の手段」

楽譜には、作曲家の思いが込められていない箇所など一つもありません。
独自の表現感覚に頼り切ってしまう前に、
まず「作曲者の表現」を楽譜から読み解くことの
大切さと魅力にせまります。

■なんと言ってもやっぱり和声のおかげ

大学でしぶしぶやった「和声」、どう演奏に結びつければいいの?
コードネームと和音記号の仕組みがイマイチよくわからない・・。

和声学は、「美しい」ものを
「美しい」「心地よい」と感じられる感覚をみがくためには不可欠。
でもコツコツ問題をとく必要はありません。
お悩み解決は今からでも遅くない!
ハーモニーの持つ魅力にもう一度せまります。

                                                                          
前回の轟先生の講座や、作曲者 保科洋先生のアナリーゼ講座をお聞きした時にも

感じたのですが、音楽は芸術なので感覚のものという先入観があるのですが、一音一音

に理由があり、それを組み立てて「曲」が作られているんだ、ということを本当に分かりやすく

説明してくださいます。理論に満ちていて、数学や物理に近いな、と思います。

野性の勘もいいですが、先生の講座を聞いて、技術だけでない曲想であと一歩

差をつけちゃいましょう!

定員まで若干の空きがございます。お申込みはお早めに。

㈱楽器堂 オーパス本店1F 管弦ピアノフロアまで。

                                                                                       

                                                                                    

Trumpet祭2013開催

3月 5th, 2013 . by admin

Trumpet祭2013開催!!

2013年3月15日(金)~3月24日(

Bach・YAMAHA・XO・B&S…

様々なメーカーのトランペットが勢ぞろい。

試奏可能。是非マウスピースを持ってご来店ください。

吹いて、選んで、お気に入りの1本を見つけましょう!!

フェア期間中

各種マウスピース・お手入小物 15%OFF

楽器ケース SALE PRICE

(一部商品を除きます)

お問い合わせは088-824-1853まで

ハイブリッドあれこれ①

3月 1st, 2013 . by admin

さて今日はハイブリッドについて・・・

ハイブリッドと聞けば最近は、ガソリンエンジンと電気モーターの

ハイブリッド車が一番に思い浮かびますが、”ハイブリッドピアノ”なる楽器も

注目を集めております。

通常時はアコースティックピアノとして使用でき、音の気になる場合には消音して

ヘッドホンなどでの演奏が可能なピアノにすることができるKORG社消音ユニットを取り付けた

ピアノです。詳しくはこちらをチェック→http://www.korg.co.jp/Product/PianoSilenceUnit/

ちょうど店内でユニットの取り付けの作業がありましたので、その様子をパチリ。

ヤマハ中古ピアノMC301への取り付けです。正確な動作のため、何よりも

事前の整調作業が規格どおり行われているかが重要です。

ハンマーが弦にぶつかる寸前で動きを止めるレールの取り付けです。

全ての鍵盤の下に鍵盤の動きを感知するセンサーを設置します。

かつてのモデルは鍵盤ごとにひとつひとつ爪のようなスイッチがついて

その動きによって感知していたのですが、現行レーザーによる非接触タイプになってから、

また一段と自然なタッチ感になりました。

ご近所が気になる、あるいは早朝・深夜に弾くことがある、しかし電子ピアノでは

物足りないという方には、強力な選択肢になるのではないでしょうか?

KORG消音ピアノユニットはお持ちのピアノに取り付けができます。

(機種により取り付け不可能なものもありますので、お気軽にお問い合わせください。)

ご自宅にお伺いして、取り付け作業自体は一日で完了します。

消音ユニット代金+取り付け作業料をいただきますが、エントリーモデルが

発売されてからずいぶんお手ごろになっております。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に、認定取り付け技術者が在籍し、

アフターフォローも安心の、㈱楽器堂 オーパス本店1F 管弦ピアノフロアまで!

また、中古ピアノに消音ユニットを取り付けての販売も、大変多くご依頼

いただいております。

各メーカー中古ピアノのお求めも、展示充実のオーパス本店1F管弦ピアノフロアまで!

(ハイブリッドあれこれ②に続きます・・・)