楽器堂OPUS本店ブログ
楽器堂OPUS本店は、高知県高知市の楽器店です。                                  このブログでは最新入荷情報やセール情報などをお知らせしていきます。

楽器堂OPUS本店ブログ

ヤマハB&O特約店会議に参加しました

9月 16th, 2016 . by admin

さて、大阪で行われましたヤマハB&Oの特約店会議に参加しました。

フルートやオーボエのモデルチェンジの発表もあり・・・

サイレントブラスの新製品も発表されました。

特にユーフォニアムとテューバ用の新しいピックアップミュートは

調整ロッドでヘッドの位置を変えることができ、様々な大きさのベルに

対応でき、音程や吹奏感を調整することができます。

写真がNGだったので・・・パンフですがこんな感じ・・・

160915_200201

一時は管楽器の消音機の代名詞でしたが、最近少し

影が薄かったかな、と思いますが、新しい設計とテクノロジーで、

再びブームを狙います!

 

デモンストレーターの方が実機で説明してくださったのですが・・・

よもや・・・やはり。

地球を遠く離れたチューバ星からやってきた(ということになってる)

チューバマンショーのお二人でした!

160915_185736

 

ローランド新製品発表会に参加してきました。

9月 10th, 2016 . by admin

さて、東京で行われましたローランドの新製品の発表会に参加してきました。

はや年末商戦に向けた新製品がぞくぞくと登場。

 

中でも面白そうなのが、エアロフォンAE-10!

160909_104954

吹いて演奏するいわゆるウィンドシンセです。

音源内臓、スピーカー内臓、電池駆動可でとにかく軽い!(855g)

運指はサックスに準じています。初心者でもリコーダー感覚で吹けます。

マウスピース部分はこれもシングルリード付属のサックス状のもので、

噛む力を感知してビブラートも自在!

サックスやクラリネット属を少し吹いたことのある人なら違和感なく吹けるでしょう。

(しかも自分が上手になった風に) ← (ここ大事・・・)

 

ウィンドシンセといえばE〇Iか、W〇か。と思うのですが、このエアロフォンは全く

取説など見なくともほとんどサックスと変わらぬインターフェイスで、とーっても

とっつきやすい!それでいて同じくスピーカー内臓でサックスデフォルメなデザインが愛嬌ある

往年のカシオデジタル〇ーンのような物足りなさはありません。

気になる音色は、ローランドの誇るスーパーナチュラル音源で、管楽器類はもちろん

弦楽器や和楽器まで多数のプリセット音色。ビブラートやポルタメントなどの表現も多彩です。

もちろんハードなリードでスクエアを吹くもよし、インプット端子に接続したオーディオ音源に

合わせて演奏し浸ることができます。

160909_105447

会場では取締役 富田さんが自らデモンストレーション。

ビリー・ジョエル「素顔のままに」のサックスソロをまた楽しそうに吹くんですよ。

 

台の上に見える専用キャリーバッグの他、ストラップ・ACアダプターまで付いて、

予価¥78,000-(税別)!

10月発売予定です!ご予約承ります。