2014年7月21日

7月21日(月)

Filed under: 総合情報 — admin @ 3:05 PM

伊藤です。

お疲れ様です。

さて突然ですが

明日から約1週間出張に行ってきます。

帰ってきましたら出張の様子をUPします。

よろしくお願いします。

2014年7月20日

7月20日(日)

Filed under: スタイウェイ,総合情報 — admin @ 9:27 AM

伊藤です。

マルタアルゲリッチ選定のピアノ購入のチャンス!

スタインウェイ&サンズ社は、このたび“Steinway Artist Edition”として

マルタ・アルゲリッチ選定による、世界限定25台のスタインウェイピアノを発表しました

モデルは、全てB-211(黒色艶出塗装仕上げ)。

アルゲリッチは、2014年7月9日にスタインウェイ・ハンブルク工場を訪れ、

25台のB-211を選定、その1台1台に彼女自身のサインを入れました。

ピアノのご購入者には、アルゲリッチのサイン入りの証書が贈呈されます。

マルタ・アルゲリッチといえば、世界的にその名声と完璧な演奏が知られています。

今回、ピアノの売り上げの一部が、才能ある若手の育成を目的に彼女が創設した

「アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ財団」に寄付されることが決まっています。

日本には「限定2台」が本年9月に入荷予定です。

皆様もいかがですか?
価格は通常のB型とおなじですよ!

2014年7月19日

7月19日(土曜)

Filed under: 総合情報 — admin @ 2:23 PM

伊藤です。

三連休ですね。
私は今日も調律。

暑いです。

ピアノの売り出しもあさって月曜日までですので
よろしくお願いします。

2014年7月17日

7月17日(木)

Filed under: 総合情報,調律 — admin @ 7:56 PM

伊藤です。

いやー暑いですね~

今日はピアノ納品がありました。
何回立ち会ってもなれない2Fクレーン作業。

無事に入りました。

2014年7月14日

7月14日(ゲッツ)

Filed under: ボストン,総合情報 — admin @ 6:36 PM

伊藤です。

暑いですね。

気象庁からは何も言っていませんが
梅雨も明けたのでしょうか?
結構晴れが続いていますけど。

ピアノフェアにお越しいただいてありがとうございました。
あと一週間やっていますのでよろしくお願いいたします。

ボストングランドピアノもフルラインナップそろっています。

2014年7月13日

7月13日(ピアノフェア)

Filed under: 総合情報 — admin @ 1:31 PM

伊藤です。

昨日から店頭でピアノの売出しをやっています。

興味のある方は是非!

2014年7月10日

7月10日(台風)

Filed under: スタイウェイ,総合情報 — admin @ 2:37 PM

台風がきていろいろと予定変更になってます。

家で待機という方もいらっしゃるとおもいますので
スタインウェイの動画をお楽しみください。

ハンブルク工場紹介映像(日本語字幕付き)

Steinway & Sons – Now and Then

2014年7月6日

7月6日(タナバタイブ)

Filed under: スタイウェイ,総合情報 — admin @ 9:15 PM

伊藤です。

今日は朝から調律。

でスタインウェイS-155の調律をしました。
奥行155センチながらいいおとします。

さて

S型は1935もしくは1936年発売(諸説あるみたい)のスタインウェイでは一番後発のピアノです。

当時のスタインウェイは小さいピアノを発売するにあたり
いまではなくてはならない特許をとったのです。
ピアノの心臓部

響板

パテント(特許)NO-2051633(1936年8月)

厳選されたアラスカ産スプルース材を使用し
中心部から端にいくに従い厚さを薄くする
ことで響板に最大限の柔軟性を持たせ、
響板全体での波動の伝達と拡がりを最適な状態にしています。

小さい面積の響板でも
より振動しやすくした設計です。

現在ではほとんどのメーカーがこれをまねています。
(スタインウェイの特許がきれたので)

2014年7月5日

7月5日(土曜)

Filed under: スタイウェイ,総合情報 — admin @ 6:38 PM

伊藤です。

夏が来た!

暑い。

忙しい土日です。

7月12日からオーパス本店1F管弦ピアノフロアとオーパスイオンモール高知店で
ピアノの売り出しがあります!
ぜひご来場ください。

先月WSUの研修を受け、認定をもらった時の記念写真。

技術以外のスタインウェイに関することをいろいろと学べ大変勉強になりました。

2014年7月3日

7月3日(木)

Filed under: 総合情報 — admin @ 6:08 PM

伊藤です。

梅雨らしく雨が降っていますね。
もちろん湿度も上がります。
湿度の変化があるとピアノの音も狂います。
もちろんピアノの心臓部、響板も湿気を吸います。

弦の下にある響板はクラウンと言って中心付近がもり上がっているんですよ。
でクラウンにも各メーカーそれぞれ特徴があるんですが。それはまた。

で音の狂いの話に戻ると響板も湿気吸ってクラウンの盛り上がりもさらに盛り上がり
弦をひっぱてピッチが高くなります。
とまあ
湿度が高くなるといろいろとピアノにとって良くないことがあります。

次ページへ »

HTML convert time: 0.389 sec. Powered by WordPress ME